2013年6月20日 06:06

[EPUB] EPUBで縦書き電子書籍を作成するには?

Posted by


 

EPUBってなに?

 EPUBは電子書籍の標準規格の一つで、EPUB3から縦書きにも対応したことで、日本
でも普及が進んでいます。
 PDFは固定のレイアウトで、端末によって表示を変えることができませんが、EPUB
では端末の画面サイズに対応して自動的に改行する「リフロー」という機能がありま
す。
 しかし、実際に出版されているEPUBの電子書籍は固定レイアウトのものが多くあり
ます。
 オーサリングソフト等の製作環境がまだまだ整っておらず、ノウハウもこれからな
ので、製作コスト(手間)がかかってしまうのが理由だと思われます。

 固定レイアウトが悪いというわけではなく、写真集や絵本など絵をふんだんに使う
ものは再現性の高い固定レイアウト。文芸書や技術書、実用書などテキスト主体のも
のは可読性が高い「リフロー」対応と使い分ける必要があるでしょう。
 雑誌等のレイアウトと可読性両方が求められる場合は、両方を切り替えられるハイ
ブリッド型も使われています。
 また、「リフロー」でも高度なレイアウト情報を記述することで再現性を高めるこ
ともできるようです。

 

では、実際にどうやって作るの?

  • 手作業でHTMLやCCSを編集する
  • 手作業でEPUB専用ツール
  • 一太郎等のワープロからEPUB形式で書き出す
  • InDesign等のDTPソフトからEPUB形式で書き出す
  • EPUBに変換してくれるWEBサービスを利用する

 ざっくりとこんなところでしょうか?

 EPUBはHTML、CCS等でできているので、テキストエディタひとつあれば作ることできます。
 しかし、HTMLを直接編集するのは避けたいのでツールをいろいろ調べてみました。

 

FUSEe

 fusee
 現状、Win環境だけですが、日本語での電子書籍作成に一番よさそうなオーサリングソフトだとおもいます。縦書きには最新のVer1.4から対応しています。
 β版の無料提供は終了していますが、製品版がAmazonで買えます。
 電子書籍のβ版公式マニュアルも販売されているようです。

 

Sigil

 fusee
 googleの出している無料のツールもあります。
 現状はEPUB2までの対応で縦書きの編集はできないようです。

 

Blue Griffon

 こちらもEPUB3への対応済みですが、縦書きのプレビューが出来ないなど、日本語対応は不十分そうです。

 2013年6月現在、無償で縦書きの対応のツールは無さそうです。

 DTPソフトからEPUBに変換することもできます。
 現在対応しているのは

     
  • Adobe InDesign CS6
  • Quark XPress 9
  • EDICOLOR 10

 このあたりのようです。しかし、調べてみると変換した後に、まだコードの修正は必要そう・・・

 DTPが敷居が高いという場合はワープロソフトから変換するという方法もあります。
 文章主体のものであれば、こちらのほうが向いているかもしれません。
 対応が確認できたのは次のものです。

  • 一太郎2013玄
  • Word2013(+EPUB出力ユーティリティ)
  • LibreOffice(+EPUB出力ユーティリティ)

 追加するユーティリティは「Word2ePub」などいくつかあるようです。
 「Word2ePub」はWordをそのまま変換してくれて、縦書きなどにも対応できる強力なユーティリティのようですが業務用でかなり高価です。
 それに比べると一太郎が単独で変換もできて、日本語に特化していることもあって、かなり良さそうです。値段も専用ソフトに比べればかなり安い。

(2013/07/01追記)試してみました>「一太郎2013 玄を使ってepubの縦書き電子書籍を作る

他になんとか無償でできる組み合わせがないかと探したところ

 LibreOffice+writer2epub

 の組み合わせが良さそうです。
(2013/07/01追記)試してみました>「LibreOfficeとwriter2epubを使って縦書き電子書籍を作る

 他の方法としては、オンラインサービスを利用してEPUBに変換するというてもあります。
 でんでんコンバーターパブーなどいくつかサービスがありそうです。
 



EPUBで縦書き電子書籍を作成するには?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: LibreOfficeとwriter2epubを使って縦書き電子書籍を作る | OD memo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


六 + 五 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>