2013年7月1日 02:01

[EPUB] LibreOfficeとwriter2epubを使って縦書き電子書籍を作る

Posted by


EPUBで縦書き電子書籍を作成するには?」で調べたLibreOfficeとwriter2epubを実際に使ってみました。

    2013/06/23 現在、のバージョンは次のとおり

  • LibreOffice Windows, バージョン 4.0.4,2 日本語 [ダウンロード]
  • writer2epub Ver1系 バージョン1.1.24 [ダウンロード]
  • writer2epub Ver2系 バージョン2.0.0.45(β版) [ダウンロード]

writer2epubはVer2系が開発されているようですが、まだβ版ということで、今回はVer1系でやってみることにします。

LibreOfficeにwriter2epubをインストールする

LibroOffifce Writerを起動したら、メニューから[ツール]>[拡張機能マネージャー]を選択

libre1

拡張機能マネージャーから[追加]ボタンを選択し、先にダウンロードしたファイル「Writer2ePub2.oxt」を選択

libre2

ライセンス条項が表示されるので、下までスクロールしてから[OK]を選択

libre3

拡張機能マネージャーにWriter2ePub2が追加されていることを確認して終了

libre4

Writer2ePub2のボタンが追加されています。

libre5

LibreOfficeWriterで縦書き設定にする

メニューの[書式]>[ページ]を選択

libra縦書き1

[ページ]タブの[文字の選択]で「右から左へ(縦書き)」を選択し、[OK]をクリック

libra縦書き2

epubファイルに変換する

 縦書きの原稿を入力したら、odtファイルとして一度保存します。
 メニューからwrite2epubの左のボタンを選択。
 タイトルや著者名等のメタデータを入力するメニューが表示されるので、必要な情報を入力します。
 ここで右上の[cover]の設定で、epubの表紙の設定ができます。デフォルトでは文書中の最初のイメージを使うようになっているので、画像ファイルが含まれていない場合[OK]ボタンが押せないので適当なものを選択します。
 最後に[OK]をクリック。

libre_epub1

 変換が始まり、問題がなければ結果ログが表示され、odtファイルを保存したフォルダにepubフォルダが作成されています。
 ログウィンドウは閉じてしまって大丈夫です。

libre_epub2

出力結果は・・・?

 出力されたepubをepubを管理・表示できるChrome拡張機能「Readium」から開いてみました。

libreepub3

 たしかに縦書きで出力できています。
 特に指定しなくても、読めるものにはなっているようです。

 しかし、epubをエディターで開いてみると、文章を1文字ずつ分解して、座標指定のようにレイアウトを指定しているようです。
 これでは、文章の検索もできませんし、端末に応じて表示を調整することもできず、epubの利点が生かせません。
 
 ちょっと、配布用としては問題がありそうです。
 次は一太郎で変換をしてみたいと思います。



LibreOfficeとwriter2epubを使って縦書き電子書籍を作る」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: EPUBで縦書き電子書籍を作成するには? | OD memo

  2. ピンバック: 一太郎2013 玄を使ってepubの縦書き電子書籍を作る | OD memo

  3. ピンバック: LibreOfficeでEPUB | Liber's weblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 二 = 六

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>